ローンを使用する|不動産情報を得るなら会社選びを入念にしよう│わくわくの住居選び
婦人

不動産情報を得るなら会社選びを入念にしよう│わくわくの住居選び

ローンを使用する

家の模型を持つ人

1980年代後半に新築住宅などマイホームを購入するために国の肝いりで導入されたローンがゆとりローンです。名前の通り低所得者でもゆとりをもっ田生活ができるようにと導入されたローンです。しかしこのローンを利用して新築を購入した人の多くがゆとりどころか返済に苦労する、返済が滞るといったことになったのです。 このゆとりローンは最初の数年間は当時の金利としては超低金利な2%でローンを借りることができました。しかしこの金利も10年を境に4%に引き上げられるのです。これに伴い毎月の返済金額なども見直され場合によっては当初の倍近い金額を月々返済しなければならないケースも出てきたのです。 この制度の大前提として住宅価値は将来的にほぼ横ばい、終身雇用で年々給与は上がるというものがあります。しかし現在この大前提は大きく崩れよってローンを返済できない人が増えているのです。

新築住宅は今も昔も人々の憧れです。ですから新築住宅に数千万から数億円の費用を支払うのです。しかしこうした新築を購入しようと決めてから実際に契約するまでは数か月から長くても数年です。この数か月程度で今後数十年間の計画を立てなければならないのです。 近年人々が住宅に求めるものも大きく変化しています。更に居住形態も大きく変わってきています。もっと言えばあえてマイホームを選択しない人も大勢います。どの選択が正しいというわけではなくその答えは人によって異なります。 しかし一つ言えることは住宅を購入する際にはその後数十年の資金計画、ライフスタイルをある程度想像して購入を決断する必要があるのです。そうすることでその後の人生をより豊かにすることができるのです。